ペン字の検定とは~師範を目指す編~

画像

ペン字の師範とは?

通信教育で学べるボールペン字検定から、将来的にはペン字の師範を目指すということも決して不可能ではありません。そのためには各法人の段位・級位の認定を受けて師範位にならなければなりません。各団体によって段・級位の認定システムは違いますし、師範クラスの方につけられる名称も違います。それでも、師範になるために試験があってその試験に合格しなければ師範になれないというシステムはどの団体でも同じでしょう。

もちろんボールペン字を教えるのに国家資格などはないので、誰でも人に字を教えるということは可能です。ただ、ペン字指導を職業として考えるならやはり資格は必須です。将来ペン字教室を開いたり、師範として働くことを考えるならしっかりした試験対策が必要です。

各団体に所属して師範としての試験に合格すれば、その団体の教室で先生として働いたり、通信講座の添削などができるようになります。企業派遣なども最近は多いので、団体を通して企業研修の仕事なども回ってくることがあるかもしれません。短期の出張講座なども、最近は需要が増えているようですね。

ペン字の先生としての開業も夢じゃない!

団体によってペン字教室開業の条件やサポートなどもいろいろ変わってきますが、師範位に合格することができればペン字の先生として独自に教室を開くことも決して不可能ではありません。師範試験にはただ文字がきれいであることだけでなく、添削指導の技術なども求められているからです。

通信講座のペン字講座でも、上級コースへ進むとペン字教室開業のためのノウハウを教えてくれたり、サポートを用意してくれたりということがあるようです。将来は資格を取ってペン字の先生になろうと考えている方は、こうした通信講座の上級コースを通して先生を目指すのが近道になるかもしれません。

この書道の先生という職業のメリットとして、年齢に関係なく目指せるということがあります。副業から老後に専業にシフトしていくといった働き方も可能で、中高年の方にも需要があります。

もちろん、小さいお子さん含めいろんな世代の方に書道やペン字の大切さ、美しさを教えることができるというやりがいもあります。最近は海外で日本語の文字を書くことを教えることに対する需要も出てきていて、ワールドワイドな活躍ができるかもしれません。

TOPへ戻る