印象抜群!字がキレイなことによるメリットとは

画像

まだまだ多い!手書きが必要になるシチュエーション

ボールペン字でペン字を学ぶ利点について考えます。PCやスマホが伝達手段の主流となった現在でも、まだまだ手書きで文字を書く場面はなくなったわけではありません。字がきれいだとこういう時に自信を持って字を書くことができますね。例えば、

・年賀状や暑中見舞い
・冠婚葬祭の時
・地域活動や会社・役所へ提出する各種書類で
・就職活動の履歴書
…などなど本当にたくさんあります。

主婦の方の場合、お子さんを育てる過程でお子さんの名前を持ち物に書く、お子さんに字を教えたりするのに文字を書くなど毎日字を書く機会がさらに増えるのではないかと思います。きれいな字を書くとお子さんにもきれいな字が理想とわかってもらえるのではないかと思います。ペン字講座でボールペン字を学ぶことは日常からメリットがあります。

9割が「字がキレイな人は株が上がる」と回答!

ある調査では、オフィスの中で「字がきれいだと、その人の株は上がるかどうか」というアンケートを行った結果9割以上の方が字がきれいだと株が上がるという回答をしています。読みやすい字を書く人は好印象が持てる、上手ではなくても丁寧に書いてあるかどうかはわかるもので、手書きの書類を丁寧に書いていると好感が持てるといった意見が出されています。

一方、字が汚いということは仕事ができないというイメージと強く結びついているようです。仕事をしている最中はもちろんですが、手書きの履歴書が一般的な日本では字が汚いと就職活動でも損をしてしまうということになりますよ。また、女性については得に字が汚いとがっかりという意見がたくさん見られています。

字がうまいと活かせる仕事もある

字が上手なことで仕事場で高評価を得ることはもちろん、仕事自体、役割自体をゲットできるということもあります。ペン字についても、マスターすることでペン字師範の資格をとって仕事に生かすことができるということもあります。

また、主婦の方ですと内職で字のうまさが生きるということもあります。内職で字がうまいと招待状の表書きや書類の代筆といった仕事ができることもあります。冠婚葬祭や贈答品関係など、字がきれいであるということが必須となる業界も結構多いもので、字がきれいであることでいろいろな仕事を任せてもらえるということもあります。

毛筆だけでなく、ペン字できれいな楷書が書けると仕事でもかなり有利になります。一般ビジネス・就職活動ではむしろこちらのほうが使うシーンが多く有利となることが多くなるのではないかと思います。

TOPへ戻る