四谷学院

1日20分のDVDで美文字のリズムを習得

  • 全18回の添削指導で上達を実感
  • 55段階の講座で少しずつ着実にステップアップ
  • 受講生それぞれに対し、専任の担当講師がサポート
  • 日本書蒼院で段級位認定
  • 公式サイトはこちら
修了者数 受講方法 価格(税込) 支払方法
- 通信 29,000円 カード決済、コンビニ決済、代金引換

対応サービス

  • 通信

  • 割引制度

  • お手本

  • 添削

  • 修了証の発行

キャンペーン情報

ボールペンと筆ペンをプレゼント!
申し込みをされた方に、今ならボールペンと筆ペンをプレゼント!シンプルでエレガントなフォルムのボールペンと、老舗の筆匠あかしやで手作りされた本格毛筆ペンです。教材が届いたらすぐに始められるお得なセットです。

四谷学院の特徴

1日20分の55段階学習システム

四谷学院のボールペン字講座は55段階の学習システムです。スモールステップでひとつひとつ攻略するため、達成感を味わいながら、学習初期の難しさを無理なくクリアしていくことができます。

テキストは1日20分、2ページだけで、全て書き込み式です。1日2ページだけなので気軽に楽しく進められます。このテキストでしっかりと基礎から順に学ぶことが上達への近道です。文字を学ぶにも順序があります。そのため、この講座では徹底してカリキュラムにこだわりました。たとえば、最も難しいひらがなは、後半に習います。始めは基礎となる点画を学び、次にカタカナを学びます。こうすることで、難しいはずのひらがなが驚くほどスムーズに上達するのです。

また、美しい字を書くためにはイメージやリズムが欠かせません。リズムは紙のお手本では表現できないものなので、DVDを使って学びます。先生の手元が大きく映った動画とともに、先生の声を聞いていると、まるで先生に手をとって教えてもらっている感覚にもなります。何度も繰り返して見られるため、教室で先生にお願いするよりも気軽に取り組むことができます。書き方やリズム感をつかむためには、動画が最も適しているのです。

全18回の添削指導で上達を実感

この講座の添削回数はなんと18回もあります。最も効果的な学習方法でカリキュラムが構成されているため、テキスト第1巻から学習し、添削課題第1回から順に提出することで、高い学習効果が望めます。各章を終えるごとに添削課題に挑戦し、プロの先生に見てもらうことで上達が早くなります。

添削ではひとりひとりの文字をしっかり分析して個別指導をしてもらえます。そのため、プロの目による客観的なアドバイスで文字の見栄えが瞬く間に変わり、上達を実感することができます。先生からのお便りコメントもあるので、やる気も続いていきます。

また、添削指導では名前と住所のお手本ももらえます。名前と住所は日常生活で最も書く機会が多く、人の目にもとまります。そのため、受講生はすぐに岡田講師直筆の「名前・住所手本」を受け取れるようになっています。名前と住所がきれいに書けるだけでも、周囲の評価は大きく変わります。

四谷学院のクチコミ

※アンケートに寄せられた個人の感想です。

  • 人物影
  • ペンネーム:岩下さん 性別:男

    他の習い事も含めて通信教育は初めてでしたが、最後まで続けることができました。添削では毎回いろいろなアドバイスをくれるので、非常に勉強になりました。お手本やDVDもわかりやすく、上達の近道になりました。

  • 人物影
  • ペンネーム:お局さん 性別:女

    18回もある添削課題を最終回までやり切ることができました。送ってからの対応が早いこともモチベーションを維持できたポイントで、講師の方のおかげだと思っています。毎日の練習量はあまり多くなかったので、仕事後でもやろうという気になれたのもポイントです。

  • 人物影
  • ペンネーム:TOMOさん 性別:女

    私のクセは右上がりの字体でしたが、この講座を受ける前と比較すると、かなり改善されたと思います。自分で書いた字と添削の講師の方の字を見比べて、改めて美しい手書き文字の重要性を実感しています。

  • 人物影
  • ペンネーム:堀口さん 性別:男

    教材や手本には実践的な内容が網羅されています。添削課題の提出回数が多く、しっかりとしたサポートです。添削では私の上達度合いも理解されているコメントがあり、感動しました。上手な人に見てもらうのは大事なことだと思います。

  • 人物影
  • ペンネーム:コンパネさん 性別:女

    毎回、丁寧な添削とあたたかい励ましをいただきました。学習を始めてから、筆順の大切をよく理解することができました。今までの自己流の書き方を改め、きれいな文字が書けるようにこれからも意識して字を書きたいと思います。

  • 公式サイトはこちら

TOPへ戻る

TOPへ戻る