代々木文化学園

1日5分から身につく筆ペンの講座、実用的な練習課題中心で筆ペンの美文字が身につく

  • 1日5分から、3か月でマスターできる筆ペン講座で多くの方に評判
  • なぞり書きが基本で、人名や地名など実用的な練習課題が多め、行書文字も多めに学べる
  • 上達度を確認しやすい添削システムが用意されている
  • 1週間1テーマで、目標を持って取り組みやすい学習カリキュラム
  • 公式サイトはこちら
費用 平均的な受講期間
12,600円(税込) 3か月
受講方法 添削回数
通信 3回

キャンペーン情報

ヤマトクロネコサービスなら代金のみ
代々木文化学園の筆ペン講座では、ヤマトクロネコサービスを使うと送料・代引き手数料が無料になるので商品代金負担だけとお得になります。配達希望日も選ぶことができるので、webからのお申込みの際には配達希望日にチェックを入れてください。

代々木文化学園の特徴

代々木文化学園のペン字講座概要

代々木文化学園の筆ペン講座は1日5分から、3か月間が標準学習期間となっています。毛筆のような温かみがあり、今でも使われることが多い筆ペンを使った文字・行書を短期間で身につけることができる内容となっています。添削は全部で3回となっています。
こちらの筆ペン講座の教材は筆ペン倶楽部(実用編)テキスト、練習帳(必修課題・上達課題)が1冊ずつ、提出課題が3回分、学習の手引きとなっています。この他に筆ペンも付属、特別付録として日本全市名字字典(人名付)、第一回添削時にはさらに御芳名手本もついてきます。
テキストは実用的な内容で、筆ペンながら学習しやすい左開きになっています。地名・人名なども多く練習できるので助かります。

1日5分3か月で上達できる講座

代々木文化学園の筆ペン講座は1日5分、標準学習期間が3か月と短めの内容になっていますが、短期間でも上達できるように随所で工夫がなされています。
例えば、テキストでは70%が行書文字になっていて、筆ペンのコツがつかみやすくなっています。1週間ごとに1つのテーマを練習して書くのでモチベーションを維持しやすく、非常に取り組みやすいのも特色です。時間の配分もやりやすい、練習帳2冊のシステムも優れています。
添削は全部で3回ですが、上達度が確認しやすい双方向添削システムも上達を助けます。添削課題を専用のシートにまとめることで講師・受講生どちらも上達度を確認しやすくなっています。講師の方もきめ細かな指導・添削が可能です。

代々木文化学園のクチコミ

※アンケートに寄せられた個人の感想です。

  • 人物影
  • ペンネーム:Stein 性別:男

    筆ペンに特化した教材としては優秀だと思うのですが、添削が3回とちょっと足りないのかなと思います。もう少し添削課題で自分の課題や弱点についていろいろアドバイスをいただきたかったというのが正直なところです。

  • 人物影
  • ペンネーム:武居みこ 性別:女

    忙しい方でも筆ペンがしっかり身につくということで、非常に自分にはマッチした教材になりました。今までこんなに筆ペンの文字を練習してきたことがないので、これからは筆ペンを使って書く文字も自信を持って書けそうです。

  • 人物影
  • ペンネーム:ワールド学園 性別:女

    わたしがあまり書いたことがなくて、苦手としている行書が中心の筆ペン講座なのでよかったです。ボールペンは小学生から習っていた書道のおかげで自信があったのですが、筆ペンはやはり勝手が違うのでしっかり練習する必要がありますね。

  • 人物影
  • ペンネーム:やさぐれマン 性別:男

    地名とか人名とかを書く機会が多い筆ペンなので、こういった実用的な手本が多い教材はとても役立つと思います。日本全市名字字典のようなお手本ももらえるので、何かあった時には参考にさせてもらおうと思っています。

  • 人物影
  • ペンネーム:SueSheff 性別:女

    テキストが充実していながら、3か月の通信講座が15,000円以下で受講できるというのはなかなか他にない特色ではないかと思います。添削も丁寧ですし、自分の上達度が目に見えてわかりやすく保存できるのでその点もよかったです。

  • 公式サイトはこちら

TOPへ戻る

TOPへ戻る